養殖天然の意味とは

スポンサーリンク

養殖天然の読み方

ようしょくてんねん

養殖天然の意味

養殖天然とは、「本当は天然ではないのに、天然らしく振る舞う女性のこと」です。

「養殖女子」とも言います。

漁でとれた魚を「天然」、いけすなどで育てた魚を「養殖」ということにかけて作られた言葉です。

ちょっととぼけたところがあって憎めない性格の人のことを「天然」と言いますよね。

天然女子が男性に非常にモテることから、養殖天然になる女性も多いようです。

騙されてしまう男性は結構多いですが、女性からはバレバレで、嫌われやすい存在でもあるので、養殖天然になるのには少し覚悟が必要かもしれません。

養殖天然の見分け方は?

そもそも、天然の人は「自分が天然だ」ということにも気づいていません。

そのため、「天然だね」と指摘されると本気で怒ったり反論してきます。

一方、養殖天然はそう言われると「よく言われる」などと返事をすることが多いです。

「天然だ」と思われたいので、そう思われていることに喜んでしまうんですね。

また、発言が男性の前でだけズレているのが養殖、男女問わずいつもズレているのが天然だという見分け方もあります。

使い方(用例)

・大学のサークルに養殖天然いてマジうざい。

・今、養殖天然ってめっちゃ増加してるらしいよ。

・彼女天然で可愛いと思ってたのに、養殖天然だった……。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする