ワクテカの意味とは

スポンサーリンク

ワクテカの意味

ワクテカとは、「何かが起こることにとても期待して、肌つやがよくなっている状態のこと」です。

ローマ字表記した際の頭文字のみで「wktk」と書かれることもあります。

期待している様子を表す「ワクワク」と、興奮して血行が良くなり、汗や皮脂が分泌されている様子を表す「テカテカ」という擬音語が合わさってできた言葉です。

待ち望んでいることや楽しみなことが目前に迫っていたり、面白い話を聞いた時など、期待に胸が膨らんでいるときに使います。

語源・由来

2ちゃんねるなどの掲示板で使われていたアスキーアートの横に書かれていた言葉に由来しています。

正座しているキャラクターの横に「ワクワクテカテカ」と書かれてあり、それが略されていった形が「ワクテカ」なんですね。

使い方(用例)

・そんな話聞いたらワクテカして眠れないよ……。

・仕事のあと友達と飲み会だと思うとワクテカが止まらない!

・明日ついに嵐のコンサートだ!wktk

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする