ビジュアルの意味とは

スポンサーリンク

ビジュアルの意味

ビジュアルとは、「視覚に訴えるさま」という意味の言葉です。

ヴィジュアル、ヴジュアルと書く場合もあります。

映画の宣伝用のポスターや画像そのものを「ビジュアルが公開された」と表現したりします。

簡単に言うと、何かの「デザイン」や「見た目」のことを指す言葉です。

また、派手な化粧や服装が目を引く「ビジュアル系バンド(V系ともいう)」も、その見た目で世界観を視覚的に表現していることからこのように呼ばれています。

V系バンドが演奏する曲のジャンルは決まっておらず、ポップスからヘヴィメタルまで様々ですが、ロックを演奏するビジュアル系バンドは「V-ROCK(ブイロック)」という呼び方をする場合もあります。

宣伝に効果的!

Webサイトなどにおいて、メインとなる画像のことを「キービジュアル(メインビジュアルともいう)」と呼びます。

Webサイトならば一番最初に画面に表示される商品の写真などのことです。

また、企業のロゴやブランドカラーなどのデザインの総称で「ビジュアル・アイデンティティー(VI)」という言葉があります。

キービジュアルやビジュアル・アイデンティティーによって、わかりやすく商品を押し出したり、企業の理念やイメージを伝えることができます。

視覚は人間の感覚の中でも特に大きな割合を占めているため、とても効果的な宣伝方法と言えるでしょう。

使い方(用例)

ポスタービジュアルを考える女性

ビジュアル系バンドのX JAPANは今もなお人気である。

・人気監督の新作映画のメインビジュアルが発表された。

・有名ブランドがビジュアルアイデンティティーを一新した。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする