バラエティーの意味とは

スポンサーリンク

バラエティーの意味

バラエティーとは、「多様性」「変化があること」という意味です。

多様性とは、「多くの個性によってつくられること」で、簡単に言うと「いろいろなものがある」ということです。

チョコやクッキーなど、いろいろな種類のお菓子をまとめたパックを「バラエティーパック」と言うことがあります。

お菓子の詰め合わせを「アソート」と言うこともありますが、ちゃんとした使い分けは特にされていないようです。

また日本では、コントなどのお笑いを扱う番組を「バラエティー番組」と呼ぶことから、「お笑い」や「面白おかしい」という意味で使われることが増えていますね。

日本のバラエティー番組

クイズ、カラオケ、トーク、コントなど様々な種類の企画を行う娯楽番組のことです。

現在は特に、『アメトーーク』や『しゃべくり007』のようなトークバラエティが人気で主流です。

トーク番組から生まれた「ひな壇芸人」という言葉は、2009年の流行語大賞にノミネートもされました。

他にも、『めちゃ²イケてるッ!』のようなドキュメントバラエティ、『ナイナイのお見合い大作戦!』のような恋愛バラエティなどが人気を集めています。

現在、バラエティー番組は視聴率が低迷しており、10%取れれば高視聴率と言われるほど落ち込んでいるため、視聴率向上のために、突然番組の傾向が変わることもあります。

使い方(用例)

・ハロウィンパーティーのためにお菓子のバラエティーパックを買った。

・新しいバラエティー番組の司会ダウンタウンだ!

バラエティーに富んだラインナップでお送りします。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする