憂いの意味とは

憂いの読み方

うれい(うい)

憂いの意味

憂いとは、「心配、気づかい」「嘆き悲しむこと」という意味の言葉です。

「憂鬱」や「杞憂」など、「憂」という漢字自体は、さまざまな熟語に使われていますよね。

文脈によって意味を変える言葉で、「備えあれば憂いなし」は「準備をしていればいざというときに”心配”がない」という意味。

「憂いを帯びた表情」は「”悲しさ”や”切なさ”を帯びた表情」という意味になります。

うれいは、心配や気遣いの場合は「憂い」、悲しむことは「愁い」というように、意味によって漢字を書き分けることもできます。

また、「悪い結果になることを心配して、嘆き悲しむ」という動詞として「憂い」を使うときは、「憂いる」ではなくて「憂える」になるので、注意しましょう。

「うい」と読むこともある。

あまり使いませんが、「うい」という読み方をすることもあります。

これは、「苦しい」や「気が進まない」という意味です。

「なんとなく憂鬱なこと」を、「物憂い(ものうい)」と言ったりしますよね。

使い方(用例)

・彼女の憂いを帯びた表情に、目を奪われてしまった。

・彼はいつも将来を憂えているような眼をしていた。

・面倒ごとはさっさと済ませて、後顧の憂いなく暮らしたい。

※後顧の憂い……あとに残る気遣いのこと。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク