うぇーいの意味とは

スポンサーリンク

うぇーいの意味

うぇーいとは、「テンションが上がった時などに使う言葉」です。

大学生を中心に、若い世代によってよく使われる言葉です。

うぇーいという言葉自体に特定の意味があるというわけではなく、うぇーいと言うことによって仲間意識を高めたり、その場を盛り上げるという役割があります。

また、テンションが上がることを「うぇいうぇいする」などと言って使うこともあります。

うぇーい自体は2010年頃には使われており、当時は挨拶や返事として用いられることが主で、その年のケータイ流行語大賞8位に入賞しています。

現在も、挨拶や返事として使われることはありますが、ほとんどの場合がテンションが上がっているときに思わず言ってしまう言葉として使われているようです。

ウェイ系とは?

パーティーピーポーと呼ばれるような、常にテンションの高い人たちのことを「ウェイ系」と呼ぶことがあります。

近年日本でも、ハロウィンイベントで派手な仮装をする若者が増えましたが、このようなイベントに参加してはしゃいで大騒ぎしているような人たちのことです。

ウェイ系の人たちは、遊んだり騒いだりするのが大好きで、コミュニケーション能力が高いです。

しかし、羽目を外しすぎたり騒ぎすぎたりして、周りに迷惑をかけていることに気が付いていない人も多いため、軽蔑を込めて呼ばれることも多々あります。

使い方(用例)

・テスト終わったうぇーいww

・今日はフェスでうぇいしてくる!

・「放課後飲みいこっかー!」「うぇーい!」

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする