釣りの意味とは

スポンサーリンク

釣りの意味

釣りとは、「ネット掲示板や動画サイトで嘘の書き込みなどをして、人を引きよせる行為」です。

特に2ちゃんねるやニコニコ動画などでみられる行為ですが、最近はニュースサイトなどで、嘘ではないもののタイトルをわざと扇情的に書くような釣りもあります。

大型掲示板では、「特定の話題に敏感なユーザーを挑発するような書き込みをすること」、動画サイトでは「サムネイル(どんな動画かを縮小して表示するもの)と本編が全く別の内容のもの」を指すことが多いです。

ほとんどの場合は、「ただの嘘」か「相手を怒らせるもの」ですが、ごくまれに「本来求めた動画や書き込みとは違ったが面白かった動画やコメント」のように「相手を楽しませるもの」があることもあります。

ニコニコ動画では「評価されるべき釣り動画」というタグもあるそうですよ。

ただし、基本的には嫌われる行為なので、やりすぎはよくありません。

釣り行為に関連する言葉

ネット上での釣りは、いわば「言葉というエサで人を釣る行為」です。

このような釣り行為に関連した言葉は、

  • 釣り行為をする人のこと……釣り師
  • 釣るための書き込み……釣り針
  • 深夜に釣り行為を行うこと……夜釣り
  • 釣りを目的とした書き込みがたくさんある場所……釣り堀
  • 釣りを目的とした書き込みにたくさんコメントがついているとき……大漁

などのように多数あり、魚釣りにかけた言葉が多用されています。

使い方(用例)

・くっそ、釣りかよ!

・そんな釣り、誰も引っかかんねーよ。

・あ~釣られた、やられたー。www

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする