追記の意味とは

スポンサーリンク

追記の読み方

ついき

追記の意味

追記とは、「あとからさらに書き足すこと」です。

書類やEメール、電子掲示板などで先に書かれた内容に対して、後から文章を付け加えることを言います。

追記される文章は、前の文章を補足するような内容であることが多いです。

あくまでも元の文章に後から付け足して書くという意味なので、書き換えることではありません。

また、書類では追記した内容が分かりやすいように、追記した文章の前に「追記:」と書くことが多いです。

似た言葉(類語)

追記に似た言葉には「追伸」があります。

“伸”は、「申し述べる」という意味で、「追って申し述べる」という意味になります。

追伸は手紙など、話すことを目的とした文章でのみ使われる言葉で、書類などの記録的な文書には使われません。

また、「追記」も「追伸」も、「P.S.」と書かれることがありますが、これは「Post Script」を略したものです。

使い方(用例)

・保存方法に関する注意は側面に追記されている。

・新しい情報が発表されたので、過去記事に追記してください。

追記:ドレッシングは2種類からお選びください。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする