トライアルの意味とは

スポンサーリンク

トライアルの意味

トライアルとは「試すこと」です。

結構いろいろな場面で使われる言葉ですね。

基本は「試みる」という意味で、「予選」や「お試し」という意味で使われたりします。

たとえば、スポーツの大会の予選は「本選に行ける人(チーム)を試すもの」で、自転車競技などでは「1選手ごとにはかったゴールまでのタイムで競うこと」を「タイムトライアル」といいます。

ペットの里親になるときにも、動物が環境に慣れるか、虐待などをしない適確な里親かなどを見定める期間として、「トライアル期間」を設ける保護主もいます。

パソコンのソフトウェアなどでよくある「1か月無料」のサービスや、通常よりも少ない量を安く売る化粧品のような「お試しセット」も「トライアルセット」と呼ばれますね。

このようなビジネスでのトライアルは、新規顧客の獲得などに繋げることが目的でもあります。

トライアル雇用とは?

「企業が労働者を試行的に雇うこと」をトライアル雇用といいます。

「試用期間」と似ていますが、試用期間よりも正規雇用になるまでが長く、ほとんどの企業が3カ月と定めています。

また、試用期間と違ってトライアル雇用は誰でもできるものではなく、母子家庭の母や障がい者など、条件に該当する人だけが使える制度です。

実際に働いてみて具体的な仕事内容や企業の雰囲気を感じることで、正規雇用されたあとのライフスタイルを考えることができるというメリットがあります。

興味がある人はハローワークに行って話を聞いてみてくださいね。

使い方(用例)

・今回のタイムトライアルでも、優勝候補の選手は群を抜いている。

トライアル期間を経て、正式譲渡となった。

・まずはトライアルセットのお申し込みを!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする