トレースの意味とは

スポンサーリンク

トレースの意味

トレースとは、「なぞること」という意味の言葉です。

結構いろいろな分野で使われる言葉ですが、そのほとんどが「なぞる」「たどる」「うつす」という意味です。

たとえば、登山で、「踏み跡をたどること」や、コンピューターのプログラム開発で、「実行するとエラーが出てしまうプログラムの問題点を見つけるために命令の実行をたどっていく作業」のこともトレースと言います。

また、イラストや図を写すこともトレースと言い、この場合は「トレス」と言われることも多いです。

元の図を写すための半透明の薄紙のことを「トレーシングペーパー」と言ったりします。

ただし、著作権のあるイラストや写真などをトレースするのはルール違反で、丸パクリ状態だと「トレパク(トレースしてパクるの略)」と言われ、ネット上では炎上のもとになります。

使い方(用例)

・イラストの練習として好きな漫画家の絵をトレースする。

・バグの原因をすぐにトレースして改善しよう。

・雪山ではトレースに沿って歩くことで危険を回避できる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする