タフネスの意味とは

スポンサーリンク

タフネスの意味

タフネスとは、「丈夫なこと、強靭性」という意味の言葉です。

「かたい」という意味の英語「タフ(tough)」に、性質を表す「-ness」という英語を組み合わせた言葉です。

ものの丈夫さだけでなく、人間の肉体的・精神的な強靭さにたいしても使う言葉です。

カタカナ語としてはむしろ、人間に対して使うことのほうが多い言葉です。

タフネスは名詞なので、「タフネスな〇〇」という使い方ではなく、「これはタフネスだ」というように使います。

形容詞として使いたい場合は「タフ」を用います。

メンタルタフネスとは?

ストレスとうまく付き合い、ストレスが生じそうな状況にあっても自分を常に「良い状態」にできる技術のことを「メンタルタフネス」と言います。

直訳すると「精神の丈夫さ」で、一般的には「ストレス耐性」と解釈されている言葉です。

心の強さは仕事の効率などにも影響し、会社の業績などにも関わってくることから、今企業ではメンタルタフネスが注目されています。

また、個人のメンタルタフネスが高まるということは、モチベーションも高まっている状態であるので、企業も活性化していいこと尽くしなんですね。

トレーニングすればだれでも身につけることができるスキルなので、ストレスに弱いと感じる人はメンタルタフネスの向上に取り組むといいでしょう。

使い方(用例)

・今日の試合では、彼のタフネスに苦しめられました。

・失敗を恐れず、いつでも前を向けるタフネスでありたい。

タフネス性能を重視して作られた新型スマホ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする