天地無用の意味とは

スポンサーリンク

天地無用の読み方

てんちむよう

天地無用の意味

天地無用とは、「上下を逆さまにしてはいけません」という意味の四字熟語です。

もともと運送業の業界用語として使われていた言葉です。

われものや家具、液体の入った容器など、逆さまにすると壊れる恐れのあるものに対して用いられます。

もともとは「天地入替無用」などと書いてあったのですが、四字熟語にする際に「入替」が抜け落ちて「天地無用」となったようです。

語源・由来

天地は「世の中」という意味のほかに、「書物や荷物の上下」という意味がある言葉です。

また、無用は「心配ご無用」というように、「必要ない・いらない」という意味で使われることが多いですが、それ以外に「禁止」という意味を持ちます。

そのため天地無用は「逆さま禁止」という意味になるんですね。

破損などを防ぐために行われていること

やはり「無用=不要」という意味になじみがあるために「逆さまにしてもいい」という意味で使う人も多いです。

この意味の捉え違いによる荷物の破損などを防ぐために、郵便局や運送会社では、天地無用という言葉の使用を控える動きがあります。

実際、郵便局のゆうパックやクロネコヤマトでは「この面を上に」と書かれたシールを使うようになったそうです。

使い方(用例)

天地無用の荷物を運ぶ。

・割れものなので天地無用でお願いしますよ。

天地無用のものを乱暴に扱ってはいけません。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする