テナントの意味とは

スポンサーリンク

テナントの意味

テナントとは、「借り手」または「貸店舗」を意味する言葉です。

オフィスやコンビニだったであろう空き家に「テナント募集」と書いてあるのを街で観たことがある人も多いと思います。

もともとは「借主」を意味する言葉なので、テナント募集は「借主募集」という意味になります。

住居でもオフィスでも店舗でも「テナント募集」と言えますが、日本ではほとんどの場合が「貸店舗」という意味で使われます。

ちなみに、「貸店舗」という意味は実は日本でのみ使われる用法です。

テナントは「店子(たなこ)」ともいい、オフィスビルや、商業ビルと賃貸契約して入居する事務所や店舗のことを言います。

また、テナントの中でも専有面積が大きく、集客力もあるものを「キーテナント」と呼ぶことがあります。

キーテナントになりやすい店としては、知名度が高い店やディスカウントストアなどが挙げられます。

使い方(用例)

・前コンビニだったところがテナント募集している。

・新しくオープンするショッピングセンターに入るテナントが一部公開された。

テナントビル改装のため、3月31日をもって閉店することとなりました。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする