タスクの意味とは

スポンサーリンク

タスクの意味

タスクとは、

  1. やらなければいけない業務のこと
  2. コンピューターが処理する作業の単位のこと

です。

ビジネスでよく使う言葉で、「やるべき業務」を意味します。

「今日のタスク」と言ったら「今日のやらないといけない仕事(作業)」を表し、「タスク管理」と言ったら「業務管理」を表します。

また、組織の問題を解決するために新しく結成されたチームを「タスクチーム」と言ったり、具体的な戦略のために一時的に編成されるチームを「タスクフォース」というなど、結構さまざまな使われ方をする言葉です。

また、コンピューターが処理する作業の単位を表すこともあります。

ここでも「作業」を意味していますね。

似た言葉(類語)

タスクに似た言葉には、「To Do(トゥ・ドゥ)」や「プロジェクト」があります。

To Do

「To Do」は「するべきこと」という意味で、具体的な行動内容を意味する言葉です。

タスクと同じように使うことができますが、タスクは「期日が決まっている作業のこと」を、To Doは「先延ばしにできる作業のこと」を意味します。

たとえば、「今日の放課後までに出さないといけない宿題」は「タスク」、「来週提出する宿題」は「To Do」というように使い分けます。

プロジェクト

プロジェクトは「目標を達成するための大規模な計画のこと」です。

タスクよりも規模が大きいという違いがあります。

たとえば、タスクは「今回のテストで90点を取る」、プロジェクトは「第一志望の学校に合格する」というようなことです。

たくさんのタスクを達成していくことが「プロジェクト」と言えます。

使い方(用例)

・今日のタスクをスプレッドシートで共有しました。

タスクを完了するまでの時間が長い。

・状況に応じてタスクリストを作らないとあまり意味がないぞ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする