スノるの意味とは

スポンサーリンク

スノるの意味

スノるとは、「SNOWを使って写真や動画を撮影したり加工したりすること」です。

「SNOW(スノー)」とは、女子高生を中心とした若い女性の間で大流行している顔認証写真アプリです。

動物や変な顔などのスタンプが豊富で、さまざまな面白い写真が撮れるため人気を集めています。

この言葉は2016年女子高生流行語大賞で9位にランクインするほど定着しており、もはやSNOWをしない女の子はいないと言っても過言ではないかもしれません。

どうしてSNOWはこんなに人気なの?

SNOW以外にも顔認証スタンプのアプリは多くありますが、大人数での撮影には対応していなかったり、スタンプのサイズを自分で調整しないといけなかったりするものばかりでした。

その点、SNOWは大人数でも顔認証が全員しっかりできることや、スタンプが自動でぴったりはまることなどで、今までの顔認証アプリよりも人気になったんですね。

輪郭を細くしたり目を大きくしたりする加工スタンプを使えば、別人のように可愛い写真が撮れることから、「SNOW以外での自撮りはしない」という女の子もいるほどです。

きゃりーぱみゅぱみゅさんや仲里依紗さんなど、芸能人の中にも愛用者は多く、ますます人気は高まっていきそうですね。

使い方(用例)

・待ち時間暇だからスノろうよ~!

・もうスノらない自撮りとか怖くてできない。

・やっぱスノるとめっちゃ盛れるな!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする