スペクタクルの意味とは

スポンサーリンク

スペクタクルの意味

スペクタクルとは、「人の目を惹きつける、大掛かりな見世物」のことです。

映画の宣伝で「感動スペクタクル」などと使われているのをよく聞きますよね。

作品の舞台が豪華絢爛としているさまや、天変地異や戦争といった壮絶な景色の動きなどの演出で、見た人に対して視覚的に強い印象を与えることを言います。

他にも、膨大な数のエキストラを雇って撮影された作品などにも使われる言葉で、「派手な演出のこと」だと考えるといいでしょう。

壮大なスケールでつくられたアクション作品などの部類によく使われます。

語源・由来

ラテン語の「スペクタクルム(spectaculum)」が由来です。

これは、「見物席」や「光景」という意味の言葉で、ここから転じて「規模が大きくて素晴らしい眺め」を意味する「壮観」という意味になりました。

使い方(用例)

・この秋、注目の感動スペクタクル作品、ついに公開!

・その舞台では、次々に展開されるスペクタクルシーンが見どころとなっている。

・東京駅でプロジェクションマッピングを使ったスペクタクルショーが開催される。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする