相違の意味とは

スポンサーリンク

相違の読み方

そうい

相違の意味

相違とは、「二つのものの間に違いがあること」です。

二つのものを比べて、明らかに違っている場合に「相違がある」といいます。

「違い」という意味ではどんな場面でも使うことができる言葉です。

特に「意見、認識、見解」に違いがあるときに使われることが多いですね。

また、「相違がない」というと「考えなどが一致しているさま」を表し、「相違点」というと「違っている点」を意味します。

似た言葉(類語)

相違に似た言葉には、「齟齬(そご)」や「差異(さい)」があります。

齟齬は、「物事がうまくかみ合わないこと」という意味の言葉です。

たとえば「意見に相違がある」というと、「お互いの意見に一致しない部分がある」という意味になりますが、「意見に齟齬がある」というと、「お互いの意見がかみ合っていない」という意味になります。

また、差異は「他のものと異なる」という意味の言葉です。

「二人の能力に差異はない」というように、「複数の物を比べた時の差」のことを言います。

これに対して相違は、「ある基準と比べた時の違い」を表します。

微妙な違いですが、使いわけられるようにしましょう。

使い方(用例)

・両者の意見に相違があったものの、話し合いでなんとか解決した。

・こちらに書いてあることに相違はございませんか?

・原作と実写版で相違点は多かったが、作品としては面白かった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする