訴求の意味とは

スポンサーリンク

訴求の読み方

そきゅう

訴求の意味

訴求とは、「消費者の購買意欲に訴えること」です。

広告やマーケティング業界でよく使われる言葉です。

これは、「広告や販売などで、消費者にアピールすること」を意味します。

ビジネスでは会議や企画書で使われることも多いと思います。

また、広告以外でも、「訴えて求める」という意味で、「大衆に自分の意見を訴える」というように使うことも可能です。

訴求効果とは

「購買意欲を呼び起こす効果」のことを「訴求効果」といいます。

人気のあるタレントや、売りたい世代に働きかける力が強い芸能人をCMや広告に起用することで、訴求効果はぐんと上がります。

また、訴求効果をあげるためには、起用するタレントの人選やその宣伝を流す時間なども重要です。

たとえば、「10代の女子高生に売りたいコスメ」のCMを、お昼のワイドショーのCMで流しても、女子高生はその宣伝をほとんど見られませんよね。

また、大御所の女優さんなどを起用しても、おそらく女子高生には響かないでしょう。

この場合は、「夜7時や8時に放送されるバラエティ番組のCMで、女子高生に人気の若いタレントを起用したもの」を流すことで訴求効果が高まると言えます。

使い方(用例)

・この商品の訴求ポイントは、見た目の可愛らしさだ。

・有名な化粧品会社は、訴求対象を大人から若者にシフトチェンジしたことで大成功した。

・30代以降の女性に人気のある女優を起用して訴求効果を上げる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする