終日の意味とは

スポンサーリンク

終日の読み方

しゅうじつ

終日の意味

終日とは、「一日中。太陽が昇って沈むまでの間のこと」です。

駅のホームのアナウンスで「終日禁煙」と言っているのを耳にしたことがあると思います。

これは「駅の営業開始から終了まで禁煙」という意味ですね。

終日は、ある状態が一定時間続くことを意味し、その状態に必ず終わりがあることがポイントです。

もともとの定義は「日が昇り、沈むまで」ですが、最近は「人間が活動している間」という広い意味でとらえられることも多いです。

「終日」の歴史

この言葉はとても古い言葉で、平安時代初期には文章語として使われていました。

当時は「ひねもす」「ひもすがら」と読まれており、この読み方は現代にも残っていますね。

「終日」はもともと中国から入ってきた言葉だったのですが、すでに一日中を表す言葉が日本にはあったことから、あとから「ひねもす」にあてられた漢字ということになります。

なお、反対語は夜から朝まで夜通しという意味の「よもすがら」という言葉です。

似た言葉(類語)と使い分け方

終日のように、「一日中」という意味の言葉は結構たくさんありますが、それぞれニュアンスが少し違います。

一日中は文字通り「一日を通して」という意味ですが、「朝から晩まで」というニュアンスが強い言葉です。

四六時中は「24時間ずっとある状態でいること」という意味で、終日よりも長い時間のことを指します。

なお、「全日」という言葉もありますが、これは「毎日」や「1年中」を意味するので終日とはまた違う使い方をする言葉です。

使い方(用例)

・当駅は終日禁煙となっております。

・今日は終日電車は動かないそうだ。

・喧嘩をしてから終日喋らない日が何日も続いている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする