殊勝の意味とは

スポンサーリンク

殊勝の読み方

しゅしょう

殊勝の意味

殊勝とは、

  1. 非常に優れていて、格別なさま
  2. 控えめで真面目な態度や、行動などが感心なさま

です。

特に目上の人が目下の人に対して感心しているときに使う言葉です。

あまり話し言葉としては使わず、ニュースの記事などで書き言葉として用いられることが多いですね。

比較的ポジティブな意味合いで、相手を好意的に評価するときに使われます。

ただし、神妙な態度を意味する「殊勝な態度」は、プラスにもマイナスにもとらえられるので注意が必要です。

たとえば、不祥事を起こした企業による謝罪会見の時の社長の神妙な態度も、本当は悪いことはしていないのに、友達の代わりに健気に怒られている少年の態度もどちらも「殊勝な態度」です。

使い方(用例)

・ヒーローインタビューでの彼の殊勝な態度が彼の好感度を上げた。

・彼はどんな状況でも殊勝な言葉がするすると出てくる。

・若いのに健康を気にするのは、殊勝な心がけだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする