照会の意味とは

スポンサーリンク

照会の読み方

しょうかい

照会の意味

照会とは、「問い合わせて確かめること」という意味の言葉です。

「残高照会」など、特にお金に関する確認サービスで使われることが多い言葉です。

ただ「問い合わせる」という意味で使うこともできますが、たとえば、お客様情報のような「データを検索して確認すること」も照会に含まれます。

問い合わせるというと誰かに電話やメールで聞くことをイメージする人も多いと思いますが、照会の場合は自分で検索することも含まれるんですね。

また、照会には「照らし合わせる」という意味もあり、二つのものを見比べるときにも使われることがあります。

同音異義語に注意!

「照会」の同音異義語に「紹介」があります。

照会は、「人と人の間に立ってなかだちすること」という意味の言葉です。

商品やサービス、あるいは人など、あるものを他人に伝えることを意味します。

響きは同じですが、意味が違うので注意しましょう。

使い方(用例)

・チケットの申し込み状況はマイページから照会できます。

・とりいそぎ残高照会をして振り込まれているかチェックした。

・システムがバグを起こしていて、カードの利用状況が照会できない状態だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする