塩対応の意味とは

スポンサーリンク

塩対応の意味

塩対応とは、「そっけなく、愛想のない態度のこと」です。

最近は略して「塩」とも呼びます。

アイドルの握手会で、ファンへの対応が悪いことを表した言葉で、特に女性に対して使うことが多いです。

また、最近は会話の返事がそっけない時などにも使われています。

どうして「塩」なの?

塩味はしょっぱいですよね。

しょっぱいとは、「塩辛い味」以外にも「さびしい」、「つらい」、「嫌な」といった意味があり、相撲の世界では、「貧弱なこと」や「情けないこと」の隠語としても使われる言葉です。

立ち上がらない、目を合わせない、会話が適当など、嫌な対応をしてくるアイドル……ファンとしてはしょっぱい事この上ないですね。

また、そっけない態度が生意気に見えることから「なめた態度」のことを塩対応ということもあります。

塩対応がもてはやされた理由

塩対応という言葉を世間に広めたのは、元AKB48の島崎遥香(しまざきはるか)さんです。

彼女はファンとの握手会の時に、無表情、立ち上がらない、片手で握手をするなどそのそっけなさすぎる態度で話題になり、この態度が「塩対応」と呼ばれました。

普通だったら嫌な態度ですが、「アイドルなのにファンに媚びない=自分らしさを貫いている」と思われたことで彼女は人気を集めます。

人と違うことを良しとしない時代で、「アイドルなのに」と言われながらも塩対応をやりきったという姿勢が、もしかしたらこのブームを起こしたのかもしれません。

ただ、流行っているからといって無理にやろうとしても、人間関係を悪化させてしまうリスクがあるので、気を付けましょう。

もともとの性格もあるし、やっぱり向き不向きがあります。

反対の言葉(対義語)

塩対応の対義語は「神対応」です。

同じようにアイドルの対応が、明るく笑顔でファンを覚えているなど、素晴らしいことでも使いますが、企業のクレーム対応などの素早さや丁寧さを褒めて使う場合もあります。

塩対応はほとんどの場合が女性に対して使われるのに対し、神対応は性別関係なく嬉しい対応をしてくれた人全員に使われる言葉です。

最近は塩対応を良しとする人も多いですが、特に仕事の場合は、できることなら神対応と言われたいですね。

使い方(用例)

・今日も〇〇ちゃん塩対応だったね。

すぎて涙目。

・彼女からのラインが……。

・私以外の女の子には超塩対応の彼氏が欲しい。

・心を許してる人には塩対応になりがちだけどゆるしてね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする