新天地の意味とは

スポンサーリンク

新天地の読み方

しんてんち

新天地の意味

新天地とは、「新しい場所、新しい活躍の場」という意味の言葉です。

送別会や別れ際の言葉として使われることが多い言葉です。

転勤や引っ越しで遠くに行く人に対して「新天地でも頑張ってください」というように使います。

「天地」には「自分が活動し、活躍する場所」という意味があり、それに「新」がついて、「新しく活躍する場所」という意味になります。

温かい気持ちで、前向きに相手を送り出す意味を持つ言葉なので、ネガティブな意味合いはありません。

また、相手への経緯を込めた表現でもあることから、目上の人に対しても使うことができます。

似ている言葉(類語)

新天地に似ている言葉には、「新任地」があります。

新任地とは、「新しく働き始める場所」という意味の言葉です。

任地が「仕事のために居住する場所」という意味なので、仕事上の変化に対して使います。

ただし、リストラや病気などで職場を離れ、まだ次の配属や転職先などが決まっていない人に使うには適しません。

新任地は次の勤務先が決まっている人に対して使いましょう。

先に述べたように新天地にはネガティブな意味合いはありませんが、人によっては嫌がることもあるので、その場合は「新任地」を使ってもいいですね。

使い方(用例)

新天地でのご活躍をお祈りいたします。

新天地でうまくやって行けるか心配はあるが、楽しみだ。

新天地へ旅立つ決意をした。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする