辛辣の意味とは

スポンサーリンク

辛辣の読み方

しんらつ

辛辣の意味

辛辣とは、「言葉や表現が非常に手厳しいこと」「味が非常に辛いこと」です。

「辣」は「ラー油」を漢字で書くときに使われる字で、ぴりっと辛いという意味があります。

「からい」という意味の漢字が二つ続く言葉なので、もともとは「とても辛い味」を意味する言葉でした。

また、辣には「むごい」という意味もあります。

そのため現在は、比喩的に「意見などが辛くてむごい=手厳しいさま」を意味して使われることがほとんどです。

辛辣な意見には、「ただの悪口や相手を拒絶する言葉」も「相手のためを思ってする厳しいアドバイス」も含まれるため、必ずしも悪いものだけではありません。

とはいえ、きつい言葉であることや心にグサッと突き刺さるものであることに変わりはないので、あまり辛辣な意見を言いすぎるのも考え物です。

使い方(用例)

・静かな口調だが、言葉は非常に辛辣だ。

辛辣な物言いだが、優しさも感じたので怒りは起きなかった。

・昔の『ドラえもん』には辛辣なセリフが多くて面白いなあ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする