信憑性の意味とは

スポンサーリンク

信憑性の読み方

しんぴょうせい

信憑性の意味

信憑性とは「情報や証言などの信用できる度合いのこと」です。

信憑性は、人の発言や行為に対しての信用を表す言葉で、「あの人の話は信憑性に欠ける」というように使います。

「信」は、「欺かないこと」「疑わないこと」という意味、「憑」は、「よりかかること」「たよること」という意味の漢字です。

ここから「信憑」は、「信じて頼ること」という意味になります。

その人が普段からきっちりした人であれば信憑性は高まり、だらしのない人であれば信憑性は低くなります。

物に対する信用は「信頼性」を使う!

物に対する信用を表現したいときには「信頼性」を使います。

信頼性とは、「一定の条件のもと、安定して期待される役割を果たす能力」のことです。

信頼性は人に使われることもありますが、基本的には物の性能に対する信用を表します。

たとえば、家電を買い替えるときなど「このメーカーのものは丈夫で信頼性が高い」と言います。

信用しているものが「人」か「物」かで使い分けができるようにしておきましょう。

使い方(用例)

・芸能人が行っている健康法には信憑性がきわめて低いものもあるので注意しよう。

・このUFO映像は目撃情報が非常に多いことから、信憑性が高いと言える。

・本人が言うよりも、第三者から伝えるほうが信憑性は上がるらしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする