しくったの意味とは

スポンサーリンク

しくったの意味

しくったとは「失敗した」という意味の言葉です。

「しくじった」を略した言い方です。

忘れ物をしたときや遅刻した時など「失敗した」「やってしまった」という気持ちで「しくった」と言います。

失敗とはいっても、重大な過失などではなく、日常的に起こる些細なことに対して使うことが多いですね。

スマートフォンや定期を忘れてきてしまった時や、誰かとの約束や記念日を忘れていた時などに、たいてい過去形で使います。

現在使うのは主に若者ですが、東北や関西などでは方言として昔からある言葉のようです。

使い方(用例)

・しくった、今日レポート提出じゃん……。

・彼女の誕生日忘れるとか本気でしくったよな。

しくった、乗り換え間違えた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする