七転八倒の意味とは

スポンサーリンク

七転八倒の読み方

しちてんばっとう

七転八倒の意味

七転八倒とは、「激しい苦痛などで、苦しみのたうち回ること」です。

「しってんばっとう」や「しちてんはっとう」と言うこともあります。

とにかく苦しんで転がりまわり、もがくさまを表す言葉です。

よく「七転び八起き」と混同されて使われていますが、七転び八起きは「人生の浮き沈みが激しいさま」や「失敗しても何度でも立ち直る様子」を指します。

まったく意味が違うので間違えないように注意しましょう。

語源・由来

この言葉は、中国の書物である「朱子語類大全」によるものです。

「只だ、商の季に当たり、七顛八倒し、上下崩頽す。(商王朝の末期、世の中は大いに乱れた)」という表記から、もともとは「世の中の乱れるさま」を表す言葉でした。

「七」「八」という数字は転んだ回数ではなく、「たくさん」「数が多いさま」を意味する漢字です。

また、現在は「七転八倒」と書きますが、本来は「七顛八倒」が正しい書き方とされています。

使い方(用例)

・食あたりを起こして七転八倒して、さんざんな目に遭った。

・あんなに七転八倒していたのに、今はずいぶん元気なんだなあ。

・締め切りを前に何もアイディアが浮かばず、七転八倒している作家。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする