シビアの意味とは

スポンサーリンク

シビアの意味

シビアとは、「非常に厳しく、過酷なさま」という意味の言葉です。

語源はラテン語で「深刻な」を意味する言葉です。

そのため、状況が深刻で非常に厳しいときなど、かなり重い状態を表します。

「痛烈な」や「困難な」などと訳すこともできる言葉ですが、「厳しい」という意味だと理解しておくとわかりやすいでしょう。

また、シビアは「お金の管理にシビアな人」、「シビアな意見」など、人が関係するときに使われることが多く、「切り立った断崖」や「荒れた海」など、自然に関する厳しさについてはあまり使いません。

若者が使う「シビア」はちょっと違う?

上述したように、状況が深刻な時に使う「シビア」ですが、若者が使うときには少しニュアンスが変わることがあります。

たとえば、「今日定期落として大変だった~」「それはシビアだったね……」と言うように使うのですが、ちょっと違和感がありませんか?

実は、若者の間で「シビア」は、「ちょっとした日常のいやなこと、気まずいこと」という本来よりもかなり軽い意味で使われているのです。

「それはヤバいね」というところを、「それはシビアだね」と言い変えているんですね。

使い方(用例)

・彼女は仕事のミスに対してかなりシビアなので、若手社員に恐れられている。

シビアなコメントが人気のコメンテーター。

・職員室で怒鳴られてめっちゃシビアだった~。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする