精査の意味とは

スポンサーリンク

精査の読み方

せいさ

精査の意味

精査とは、「詳しく調べること」という意味の言葉です。

ビジネスではよく使われる言葉で、会議の資料や報告書など書類のチェックをお願いするときに使うことが多いです。

たとえば、「この書類を精査しておいて」と言われたときには「この書類に不備や誤りがないか詳しく調べて」という意味になります。

また、すぐに返事ができないような内容に対して「精査したうえでお返事します」と言って使うこともあります。

似た言葉(類語)

精査と似た言葉に「調査」があります。

調査とは、「ある事柄を明らかにするために調べること」という意味の言葉です。

調査にも精査にも使われている「査」という漢字自体に「よく調べること」という意味があるんですね。

ただ単に何かを調べるときには「調査」、特に詳しく調べるときには「精査」と使い分けられるようにしておきましょう。

使い方(用例)

・判決内容を精査して、今後の対応を決めることにした。

・書類を精査して問題なければそのまま提出しておいてください。

・この件については精査した上で来週までにお返事させていただきます。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする