サシオフの意味とは

スポンサーリンク

サシオフの意味

サシオフとは、「自分と相手の二人きりでオフ会をすること」という意味の言葉です。

ネット上で知り合って、特に仲良くなったユーザー同士がすることが多いそうです。

オフ会は大人数でやることが多いので、「2人きり」の時には「サシオフ」というように言い換えをします。

なお、オンラインでは仲が良くても、異性でのサシオフは事件につながる可能性もあるので、注意が必要です。

語源・由来

「サシオフ」は、「サシ」と「オフ会」の合わさった造語です。

サシとは「差し向う」の略で、「二人で向き合うこと」という意味の言葉です。

二人で飲むことを「サシで飲む」などと言ったりしますよね。

オフとは「オフ会」の略で、「ネット上で知り合った人と現実で集まるイベント」のことです。

オフ会の種類も様々で、居酒屋やファミレスで飲んだり食べたりして雑談をするものや、どこかに遊びに行くものもあります。

使い方(用例)

・人見知りする人はむしろサシオフのほうが気が楽だそうだ。

・声がかわいかったからサシオフに持ち込んだけど、正直期待外れだった……。

・趣味が似てる人と会えるの嬉しいから今度サシオフしよー!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする