サンプルの意味とは

スポンサーリンク

サンプルの意味

サンプルとは、「見本・標本」という意味の言葉です。

見本は「見せるために用意した本物、実物の代わりとなるもの」、標本は「本物だとわかるようにしたもの」のことです。

見本ではレストランの前に置いてある食品サンプルや、標本では昆虫標本などが定番ですね。

また、化粧品などで1回分の少量の試供品を「サンプル」ということもあります。

これは、新たに開発した商品などを配って、その商品の良さや特長を実際に使ってもらい理解してもらうためのものです。

無料であることがおおいですが、高額のものなどは1か月分を半額で、というように売られる場合もあります。

語源・由来

語源は、ラテン語の「模範」を意味する言葉です。

ここから、「見本となるもの」を表し、「見本・標本」という意味で使われるようになっていきました。

使い方(用例)

・食品サンプルが外国人に大人気なのだそうだ。

・ただいま新しいエナジードリンクのサンプルをお配りしてまーす。

・採取したサンプルが少なかったため、研究は難航した。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする