サーセンの意味とは

スポンサーリンク

サーセンの意味

サーセンとは、「すみません」を崩した言い方です。

体育会系の部活をやっている人や飲食店などの店員がよく言っているイメージがありますね。

「こんにちは」を「ちわーっす」、「ありがとうございます」を「あざっす」と言うのと同じタイプの言葉です。

「すみません」と同じ意味ですが、真剣な謝罪の言葉として使われることはなく、「ごめんごめん!」のように軽いニュアンスで使われることがほとんどです。

そのため、ビジネスなどでは逆効果で誤解を生みかねないので、もし「サーセン」が口癖になってしまっているようでしたら注意して直したほうがいいでしょう。

ネット上での使い方

サーセンは「謝っているのに全然気持ちがこもっていない感じ」が受け、ネット上では2ちゃんねるでよく使われるようになりました。

日常的に使うものと同じく、真剣な謝罪のために使われることはありません。

軽い謝罪のほかに、「キモくてサーセン」のように自虐として使う場合があります。

笑いをあらわす「www」や、オタクの不気味な笑い声を表す「フヒヒwww」などとセットで使われることも多いです。

なお、「初めは期待外れだったが、次第にいい展開となり最後は謝罪さえしてしまうほど賞賛できる動画」を「サーセン動画」と呼んだりします。

使い方(用例)

・ロリコンでサーセンwwwwww

サーセン、まだチェックしてないっす。

・こっちの勘違いで混乱させてサーセンした!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする