ルーチンの意味とは

スポンサーリンク

ルーチンの意味

ルーチンとは、「決まりきった仕事のこと」です。

ビジネスでよく使われる言葉です。

決まった手順で行う事務処理など、毎日やる仕事を指して使います。

「日課」や「習慣」という意味もあるので、日常的に行っていることに対しても使うことができます。

また、スポーツ選手も集中力やパフォーマンス力を高めるためにルーチンを行う人が多いです。

ラグビー日本代表の五郎丸歩(ごろうまるあゆむ)選手がキック前に行う「五郎丸ポーズ」はブームになりましたよね。

なお、ルーチンは「ルーティン」「ルーティーン」と言われることもあります。

プログラミングでの「ルーチン」

ルーチンはITの分野でも使う言葉です。

プログラミング言語としては、「ある目的を持つ処理の集まりのこと」を意味します。

プログラムの全体の進行を管理し、最初に実行されるものを「メインルーチン(メイン処理)」、メインルーチンから呼び出されるものを「サブルーチン」と呼びます。

プログラムの「処理のかたまり」だと考えておきましょう。

使い方(用例)

ルーチンワークの効率化を図りましょう。

・スポーツ選手のルーチンについて特集が組まれた。

・メインルーチンを修正する必要がある。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする