朗報の意味とは

スポンサーリンク

朗報の読み方

ろうほう

朗報の意味

朗報とは、「嬉しい知らせのこと」です。

受験に合格した時や就職が決まった時など、自分にとってうれしいことが起きた時に使う言葉です。

「朗」は「ほがらかで気分が明るいさま」を表す漢字で、「報」は「しらせ」を意味します。

「グッドニュース」や「良い知らせ」などと言い換えてもいいですね。

似た言葉(類語)

似た言葉に「吉報」があります。

これは「おめでたいことが起きた時」に使う言葉で、誰かの結婚や出産についていうことが多いです。

自分のことを言うときは「朗報」、誰かのことを言うときは「吉報」と使い分けるといいでしょう。

反対の言葉(対義語)

朗報の対義語は「悲報」です。

字の通り「悲しいしらせ」を意味します。

本来はだれかが亡くなった時など、重大な内容について言う言葉ですが、ネット上では悲しい内容を強調する意味で、書き込みの文頭に「【悲報】」と書くことがあります。

ネットで使われる悲報は、「パソコンが壊れた」「母親にTwitterのアカウントがばれた」「アイドルの熱愛発覚」など比較的軽い内容であることがほとんどです。

使い方(用例)

・思いがけない朗報が届いて、私は少し泣いた。

・君に朗報を持ってきたよ。

・【朗報】俺氏、大学に無事合格!!!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする