理念の意味とは

スポンサーリンク

理念の読み方

りねん

理念の意味

理念とは、「ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え」という意味の言葉です。

ビジネスでよく使われる言葉で、「経営理念」や「企業理念」というように使われることが多いです。

経営理念とは、「経営においての根本の考え方」で、企業哲学ともいえるものです。

企業理念は、行動や経営の姿勢を発表することで、企業の社会的責任を示すことができるもので、企業価値やブランドイメージの向上にもつながります。

また、理念は哲学用語としても使われ、その場合は「経験では得られない、理性によって理解され得る最高の理想的な考え」という意味で使われます。

漢字の意味

“理”は、「ことわり」や「磨く」という意味で、ここから「筋道を立てる」という意味ももつ漢字、”念”は「おもい・心」という意味の漢字です。

この二つを合わせて、「思いの筋道を立てる」=「根本の考え」という意味になります。

使い方(用例)

・御社の企業理念に感動して、志望しました。

・政治では理念が非常に大切だ。

・この学校は、キリスト教の理念に基づいた教育を掲げている。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする