理不尽の意味とは

スポンサーリンク

理不尽の読み方

りふじん

理不尽の意味

理不尽とは、「物事の筋道が通っておらず、むちゃくちゃなこと」です。

たとえば、ピザの宅配便を頼んですべて食べ終わった後に「おいしくなかったので返金してほしい」などという言い分こそが理不尽です。

理不尽な扱いをされたり、理不尽なことを言われたりするのは、誰でも一度は経験することだと思いますが、いじめやパワハラの原因にもなることもあるため、注意する必要があります。

ただの一度なら我慢もできそうですが、身近な人からあまり理不尽なことをたくさんされるようだと気を付けたほうがいいかもしれません。

「不条理」とはどう使い分ける?

理不尽と同じ意味の言葉に「不条理」があります。

この二つの使い分けは、「何がむちゃくちゃなのか」によります。

たとえば、友達や会社の上司など、人や組織が理屈に合わないことをする場合は「理不尽」を使います。

一方、天災や誰かの突然の死など、人の意志ではどうにもできないむちゃくちゃなことには「不条理」を使います。

使い方(用例)

・モンスターペアレントからの理不尽な要求で先生は精神を病んでしまった。

・あんな理不尽な言いがかりをつけられても笑顔で対応していてすごいなあ。

・体調不良だっただけなのに「ゆとりだから」なんて言うのは理不尽だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする