リザーブの意味とは

スポンサーリンク

リザーブの意味

リザーブとは、「予約すること」、「予備、控え」という意味の言葉です。

よく使われるのは、レストランやホテルの部屋などを「予約する」という意味の「リザーブ」です。

レストランの予約席に置かれる札にも、「Reserved」と書き添えられてあることがよくありますね。

他にも、最近は映画館の席をネットなどで予約しておくことも「リザーブ」と言ったりします。

予約以外にも意味がある!

また、スポーツでは「補欠、控え」という意味でリザーブが使われることがあります。

この場合は他の単語とくっつけて使われることが多く、「控えチーム」を「リザーブチーム」、「補欠選手」を「リザーブプレイヤー」と言ったりします。

リザーブは広い意味で「何かを取っておくこと」という意味で考えるとわかりやすいでしょう。

予約は「前もって席などを取っておくこと」、予備は「何かあった時のために取っておくこと」です。

使い方(用例)

・映画を見に行くが、混雑しそうなのでリザーブしておいた。

・プロポーズのために、彼女が憧れている高級レストランをリザーブした。

リザーブプレイヤーをアップさせる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする