リノベーションの意味とは

スポンサーリンク

リノベーションの意味

リノベーションとは、「もともとあった建物を大幅に改造して、新しく価値を付け加えること」です。

最近は、もともと普通の住宅だった古民家の壁を抜いたり、キッチンを広くしたりして間取りを変え、カフェとして使う「古民家カフェ」が流行していますね。

住居をカフェとして使いやすいように改装するように、その建物を丸ごと改造して、性能を以前よりも高めることがリノベーションです。

リノベーションには「刷新」という意味があります。

つまり、ただの改装ではなくて、改装したことによって建物の性能が上がり、新たな価値を加えることがリノベーションなんですね。

リフォームとの違いは?

「改装」という意味では「リフォーム」という言葉も使われます。

リノベーションが「性能を高めて、価値をあげる改装」であるのに対し、リフォームは「性能は新築時と同等かそれ以下で、ただきれいにするだけの改装」を指します。

つまり、壁紙がはがれたから張り替えたり、キッチンが古いから新しいものに変えたりするのがリフォームで、壁を抜いて間取りを変えたりするのがリノベーションということです。

部屋や設備の一部だけを新しいものに取り換えたり、きれいにするのが「リフォーム」なんですね。

ちなみに、リフォームは英語だと「心を入れ替える・改宗する」という意味で使われる言葉で、建物の改修には使われていません。

使い方(用例)

・最近できた古民家リノベーションのカフェの特集記事。

・東京でリノベーションした賃貸物件を探しています。

・有名な建築会社がリノベーション事業を始めたそうだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする