リメディアルの意味とは

スポンサーリンク

リメディアルの意味

リメディアルとは、「学習の遅れている学生に対して行う、補修教育のこと」です。

英語では「治療上の」や「矯正的な」という意味があり、カタカナ語では「補修的な」という意味で使われることが多い言葉です。

特に、「大学で教育を受けるのに不足している基礎学力を補う目的で行われる教育のこと」を指します。

「Fランク大学」と呼ばれる偏差値の低い大学でよく行われています。

どうして「リメディアル教育」が必要なの?

現代では、ほとんどの高校生が大学進学を選んでおり、学力の低い学生でも入学はできる状況にあります。

しかしゆとり教育などによる学力の低下によって、入学したものの、授業についていけないという学生が多いのも事実です。

授業についていけないという状況を阻止するために、例えば高校レベルの数学や物理学などの授業を行ったりするのが「リメディアル教育」です。

また、AO入試や推薦入試などで早期に合格した入学予定者に、入学までの間に通信教育などの課題を出すなど、入学前に行うリメディアル教育もあります。

使い方(用例)

・この大学ではリメディアル教育のカリキュラムが設けられています。

・1年でリメディアル教育を受けておいたから、授業もある程度ついていけるようになった。

リメディアル教材が今日届いた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする