リハーサルの意味とは

スポンサーリンク

リハーサルの意味

リハーサルとは、「本番前に行う予行練習のこと」です。

舞台やライブ、テレビ番組の制作現場などでよく使われる言葉です。

いわゆる「場当たり」や「舞台稽古」のことで、「リハ」と略されて使われることもあります。

進行が決まっているショーなどで、本番前に照明、音響、舞台装置がちゃんと動くかチェックしたり、演者との兼ね合いを確認したり、実際の進行をチェックしたりするのが目的で行われます。

照明のみ、音響のみなど部分的なものや、全体を通して行うものなど、様々な種類のリハーサルがあります。

また、公開初日や公演の間近に行われる、本番さながらの通しリハーサルは「ゲネプロ」と呼ばれることもあり、マスコミが入る場合は「プレビュー」と呼ばれる場合もあるそうです。

ちなみにゲネプロはドイツ語の「ゲネラルプローベ」の略で、特にオペラやクラシック音楽で使われます。

使い方(用例)

リハーサルでうまくできなかった部分を繰り返し練習する。

リハーサルで機材の不具合が発覚して現場はかなりバタついた。

・彼は公演前の公開リハーサルで舞台から落ちてけがをした。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする