総括の意味とは

スポンサーリンク

総括の読み方

そうかつ

総括の意味

総括とは、「一つにまとめること」という意味の言葉です。

色々な場面で使われる言葉ですが、「バラバラなものを整理して一つにまとめる」という意味で理解しておくとわかりやすいと思います。

結果を振り返って、評価したり反省したりすることを言います。

特に、一年間の活動を振り返るときや意見をまとめるときに使われることが多いですね。

“総”という字も”括”という字も、「ひとまとめにする」という意味をもつ漢字だと覚えておきましょう。

似た言葉(類語)

総括に似た言葉には、「統括(とうかつ)」があります。

統括は、「別々になっているものを調整してまとめること」という意味で、総括と同じような意味で使われます。

“統”という字は、「まとめておさめる」という意味を持っており、もともとは行政事務の運営に由来する言葉です。

漢字が微妙に似ているので、読み間違えないように気を付けましょう。

使い方(用例)

・なぜこのような状況になったのかを総括する。

・1年間の総括をしたあとで、3年生は引退する。

・シーズンを総括して、すがすがしい表情の野球選手。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする