キャプションの意味とは

スポンサーリンク

キャプションの意味

キャプションとは、

  1. 写真や挿絵に添えた説明文のこと
  2. 本の章や記事などにつけた見出しのこと
  3. 映画の字幕のこと

です。

使う場面によって意味が変わる言葉です。

インスタグラムにもキャプションを書き込む欄がありますね。

この場合は、投稿者による写真や動画の”説明文”を指します。

誰でもつけられるコメントと違い、キャプションは投稿主しかつけられず、投稿の冒頭に表示されます。

写真の説明文という意味では、「ネーム」という言い方をする場合もあります。

また、この記事でいう「キャプションの意味」や「語源・由来」などの”見出し”もキャプションと呼ばれます。

他にも、海外の映画などを見るときにDVDで「キャプション選択」と書いてある場合は「”字幕”選択」を意味します。

語源・由来

ラテン語で「とらえること」という意味の言葉を語源に持っています。

ここから、「内容をとらえるためのもの」と考えるとわかりやすいと思います。

説明文も、見出しも、字幕も、内容をとらえるために必要なものです。

使い方(用例)

・だいたいの編集が終わったので、あとはキャプションを付けたら完成だ。

・美術館ではキャプションをゆっくり読むことでより深い学びを得ることができる。

・もしご購入される場合は、キャプションをご確認の上ご利用くださいませ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする