ステージの意味とは

スポンサーリンク

ステージの意味

ステージとは「舞台・演壇」、「今置かれている段階」のことです。

ほとんどの場合は、ショーや講演を見てもらうための「舞台」という意味で使われます。

また、「今日のステージの主演は〇〇さん」のように「ショー」そのものを意味したり、「毎日2ステージ行う」のように公演の回数を表す単位としても使われる言葉です。

イベントなどで特別に作られた舞台は「特設ステージ」、高さのある舞台がなく、客席と舞台に仕切りがない状態の劇場のスタイルを「オープンステージ」と言うなど、ステージにも様々な種類があります。

ちなみに、映画業界では撮影用のスタジオのことをステージと呼ぶことがあるそうです。

「段階」としてのステージ

ゲームや医療などの分野では「場面」や「段階」という意味で使われます。

ゲームでは、敵を倒すなどのミッションごとに「”場面”を区切る」意味で、ステージを使います。

医療におけるステージは、がんの進行具合(現在の段階)を表すものです。

がんのステージは0~5で、数字が大きくなるにつれて進行度が上がります。

ステージは、「がんの広がり」「リンパ節への転移の有無」「ほかの臓器への転移」を基準に決められます。

使い方(用例)

ステージの脇に立つスタッフのバイトをした。

・今日のステージではセリフを忘れてしまってすごく焦ったよ。

・ボーナスステージが全くクリアできなくて嫌になった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする