パケットの意味とは

スポンサーリンク

パケットの意味

パケットとは、「データ通信で細かく分割されて、通信に必要な制御情報を付与されたデジタル情報のひとまとまりの単位」のことです。

もとは「小包」や「小さな束」という意味の英単語です。

IT用語としては、「小さく分割されたデジタル情報の単位」と覚えておきましょう。

パケット通信とは?

よく携帯電話のCMで「パケット定額制」や「パケ放題」という言葉が使われているので、耳にしたことがある人も多いと思います。

パケット通信とは、「量の大きいデータ通信の際に、データを分割し、その各データにアドレスなどの制御情報をつけて通信すること」を言います。

携帯電話だけでなく、インターネットなどもこの方法が用いられています。

パケット通信では、データ転送の際に1つの回線を占有することがないため、回線に障害が生じても柔軟に回線の有効活用ができるという利点があります。

「パケ放題」は、「どれだけパケット通信をしても一定料金で済むシステムのこと」です。

使い方(用例)

・ダウンロードには別途パケット代がかかります。

・画質を下げることでパケット料金を抑えることができます。

・喪失パケットを再送する。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする