アウトテイクの意味とは

スポンサーリンク

アウトテイクの意味

アウトテイクとは、「試用されなかった曲やシーンのこと」です。

映像や音楽の分野で使われる言葉です。

映画やテレビ番組であれば、「完成した作品中で使われなかったシーン」を指します。

アウトテイクになる理由としては、質の悪さや観客の反応などがあります。

アウトテイクになった映画のシーンは、ディレクターズカットやDVDの特典として再利用されたりします。

ちなみに「ディレクターズカット」とは、製作者(プロデューサー)によって不本意な編集を行われた監督(ディレクター)が改めて編集したもののことです。

音楽では、「最終的に使用されなかった演奏やトラック」を指します。

販売される場合は、リミックスバージョンになったり、コンピレーションアルバムに収録されたりすることが多いです。

また、音楽のアウトテイクは、いわゆる海賊盤として流通してしまうこともあります。

使い方(用例)

・このセッションでは、たくさんのアウトテイクが生まれた。

・出演作のアウトテイクを含めたドキュメンタリー作品がDVD化する。

・CD購入者には、人気曲のアウトテイクをダウンロードできるコードが渡される。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする