アウトソーシングの意味とは

スポンサーリンク

アウトソーシングの意味

アウトソーシングとは、「ある業務を外部組織に委託すること」です。

アウトは「外部」、ソーシングは「資源利用」という意味の言葉です。

たとえば、給与・各種控除や年金の積み立てなどの計算は、作業が大変だったり専門的な知識が必要になったりする業務です。

このような、業務上必須ではあるが、身につけるのが難しい業務などを、外部の専門業者に委託して、サービスとして購入することをアウトソーシングと言います。

アウトソーシングすることで、ややこしい事務作業などは外部に任せられるため、自社の社員には重要な仕事につかせることができ、結果として企業の成長をはやめたりすることができます。

単なる「外注」というよりも、「外部のサービスを活用する」という意味合いが強いです。

また、他にも「海外で部品を安く調達すること」という意味で使われることもあります。

派遣との違いは?

アウトソーシングに似たもので、「派遣」があります。

派遣の場合は、受け入れる企業が派遣会社と「労働派遣契約」を結び、派遣社員を受け入れます。

企業と派遣社員の間には雇用関係は発生しませんが、仕事の仕方や業務内容、進捗は受け入れた企業が管理できます。

アウトソーシングは、業務を丸ごとアウトソーサーに任せているので、社員による業務の管理や指示はできず、サービスの良し悪しを評価することしかできません。

派遣は「人材を提供するサービス」、アウトソーシングは「業務や成果物を提供するサービス」であるという違いがあるんですね。

使い方(用例)

・ソフトウェア開発のアウトソーシングを検討しています。

・会社内に宣伝部門がないので、宣伝会社にアウトソーシングしよう。

・家政婦を雇うことは、家事をアウトソーシングしていると言える。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする