乙の意味とは

乙の読み方

おつ

乙の意味

乙とは、「お疲れ様」という意味のネット用語です。

会話の中で「お疲れ様」というところを略して「おつ」と言ったりしますよね。

「オツな味だね~」と言うように、「乙」という字はもともと「粋なさま」や「普通と違って面白味のある事」を言う言葉でしたが、ネット上ではその響きだけをとって「乙」と書くようになりました。

「おつかれ」という意味の「乙」は2ちゃんねるで使われだした言葉ですが、最近はSNSなどでもよく「〇〇乙」や「乙でした」という書き込みを目にします。

また、文字の形が似ていることから、「て」や「Z」と書かれることもあります。

最近はただ友達どうしですれ違うだけでも「お疲れさま」と声をかけあいますから、一文字で表せる「乙」は、時代に適したとても便利な言葉ですね。

どんな場面で使う?乙

「乙」には会話で使う「お疲れさま」とは違うニュアンスが含まれている場合もあります。

日常会話の中では、相手をねぎらうときに使うことがほとんどですよね。

ですが、ネット用語の「乙」の場合、皮肉を込めた言い方として使われることがあるんです。

たとえば、ネタで書き込んだ内容に、真剣な返事をすると「マジレス乙」などと言われることがあります。

これは、場の空気を読まない返事に対して皮肉や嘲笑をこめた使い方です。

また、どうしようもない災難なことや自分自身の失敗などに「乙」ということもあります。

この場合は同情のような意味になります。

使い方(用例)

・「イベントでした!」

・「別に一人飯とか楽勝だし」「はいはいぼっち

・「電車遅延で遅刻確定。

意味ナビMEMO

ネットスラングとしての「乙」を名前で使っている人に、キックボクサーでプロレスラーの長島☆自演乙☆雄一郎さんがいます。

彼の通称である「戦うコスプレイヤー」からもわかる通り、彼は筋金入りのアニメ・声優オタクです。

入場はアニメキャラのコスプレで、入場曲も衣装に関連するアニメソングを使うなど、オタクとしての演出を徹底しています。

リングネームに「自演乙」を入れたのは、彼が2ちゃんねらーであり、ニコ厨(ニコニコ動画のヘビーユーザーのこと)でもあることによるそうです。

一部からはふざけているなどの批判も上がりましたが、格闘家としての実力もそなわっており、初代NJKFウエルダー級の初代王者となっています。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク