オーガナイザーの意味とは

スポンサーリンク

オーガナイザーの意味

オーガナイザーとは、「主催者、組織する人のこと」です。

「組織する・まとめる」といった意味を持つ英語の「オーガナイズ(organize)」に、「~する人」という意味の「-er」を付けたものが「オーガナイザー」です。

直訳すると「組織する人」という意味になり、簡単に言うと「まとめ役」を意味します。

色々な人を勧誘して組織を作っていく存在で、昔は社会運動の分野で使われていた言葉です。

現在では、結構いろいろな分野で使われています。

オルガナイザーと呼んだり、オルグと略されることもあります。

ライフオーガナイザーとは?

アメリカでは一般的な職業に「ライフオーガナイザー」というものがあります。

日本ではまだあまりなじみのない仕事ですが、これは「暮らしの最適化を手伝うプロ」のことです。

「物にあふれた生活をなんとかして、暮らしそのものを見直したい」という人々の願いから生まれた職業で、日本でも少しずつ注目されてきています。

その活動は多岐にわたり、オフィスや家の空間のデザイン、時間の使い方や金融資産の運用までさまざまです。

それぞれのライフオーガナイザーの得意分野で専門性を生かした活動を行っています。

使い方(用例)

・彼は会社のオーガナイザーとしていろいろな場面で活躍した。

オーガナイザーによって大会の中止が発表された。

・イベントのオーガナイザーはまだ指名されていないが、リストアップは完了したらしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする