ノームコアの意味とは

スポンサーリンク

ノームコアの意味

ノームコアとは、「集団の中で目立たない平凡な服を身につけるファッショントレンド」です。

2014年の秋冬に流行したファッションです。

ノームコアは「普通」を意味する「ノーマル(normal)」と、「究極」を意味する「ハードコア(hardcore)」を組み合わせた言葉で、「究極の普通」を意味します。

とにかくシンプルで、誰でも着ていそうな普通の服装を指し、アップル社を創立したスティーブ・ジョブズさんがファッションアイコンとしてよく挙げられています。

ノームコアってダサいの?

ノームコアのは、Tシャツにジーンズや地味な色のアイテムなど、とにかく目立たない服装を指します。

そのため、ただシンプルで平凡な服装や、ダサい服装がノームコアだと思っている人も多いですが、それは間違いです。

実はノームコアは、ニューヨークのトレンド予測会社によって「自分が70億分の1であることを自覚した人のための服装」と定義されており、「自分らしい普通」を追求するファッションなのです。

ノームコアはライフスタイルなのだ!

アイコンであるスティーブ・ジョブズを思い浮かべるとき、きっとほとんどの人は「黒のハイネックシャツにジーンズ」を思い浮かべると思います。

彼のような偉大な人があえて気取らないファッションをするのは、おそらく彼の「自分らしさ」のあらわれです。

いわば、ノームコアは自分の魅力を引き出すための服。自分らしさを追求した結果、余計な装飾などがなくなった服こそが、ノームコアです。

ノームコアがダサいと言われてしまいがちなのは、内面に目を向けることなく「ただ個性のないシンプルなファッションをすればいい」と勘違いしている人が多いからなんですね。

使い方(用例)

ノームコアやってみたいけど、難しそう……。

ノームコア気取りの自称オシャレさんがめっちゃダサくて笑った。

・好きなモデルさんがノームコア取り入れててかわいい!

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする