ネット弁慶の意味とは

スポンサーリンク

ネット弁慶の意味

ネット弁慶とは「ネット上では威勢よく話しているが、現実だとおとなしい人のこと」です。

家の中では威張り散らかしているのに、外では気弱な人のことをあらわす「内弁慶」の派生語です。

SNSや大型掲示板、ブログのコメント欄などでよく見られます。

特に、自分の好きな分野の話になると止まらなくなり、それに対する異論や反論に対して以上に攻撃的になる「イキリオタク」と呼ばれる人たちの中に多いようです。

姿が見えないインターネットでは周りの目が気にならないことから、現実では言いづらいことも気にせず言えてしまうんですね。

そのため、ネットで知り合った人と実際にあってご飯を食べたりするオフ会では、まるで別人のように無口だったということも多々あると言われています。

もしかして私もネット弁慶?

ネット弁慶は、激しい罵倒や誹謗中傷もためらうことなく書き込んでしまう人も多く、あまり好かれる存在ではありません。

しかしネットやSNSの利用が当たり前になった今、あなたも知らないうちにネット弁慶になってしまっているかもしれませんよ。

一度我が身を振り返って、自分がネット弁慶になっていないかチェックしてみましょう。

ネット弁慶になりやすい人

ネット弁慶になりやすい人は、現実世界ではあまり目立ちたくないという人が多いようです。

本当は誰かの役に立ちたかったり、正義感が強く人の間違いを正してあげたいけど、注目されるのが嫌で黙っている人は、そのストレスや「なりたい自分」をネット上で演出しようとします。

また、現実の友達よりもネット上の友達のほうが多い人もネット弁慶になりやすいと言われています。

顔が見えないことによって、現実よりも開放された気分で発言ができてしまうことが原因であると言えるでしょう。

ネット弁慶にならないためには?

ネットの向こう側にいる人も心を持った人だということを改めて認識しましょう。

過激な発言はトラブルの原因にもなるし、人を傷つけます。

ネット上にはたくさんの人がいて、いろいろな考えの人がいるということをしっかり考えて書き込むことが大切です。

使い方(用例)

ネット弁慶になってませんか?

ネット弁慶に絡まれると厄介だ。

・弟のアカウント見つけたんだけど完全なネット弁慶でかわいそうな気持ちになった……。

ネット弁慶は最近どんどん増えているようだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする